前田華郎先生『自分で出来る癌超早期発見法とは?』ダイジェスト版



selector @CheerKeyI

ワールドフォーラム8月連携企画 「統合医学医師の会公開講演会」
http://www.worldforum.jp/report/2011/8.html
『自分で出来る癌早期発見法とは?再発と転移を防ぐには?』
講演:前田華郎先生(アドバンス・クリニック横浜院長、医学博士)

前田華郎先生プロフィール・・・1957年札幌医科大学卒業、卒業後ハワイ・クワキニ病院に2年間留学、1997年東京女子医科大学教授、前田総合医学研究所を設立、2005年アドバンス・クリニック横浜に名称変更 【主な著書】遠赤外線と医療革命(冬青社)、苦しくないガン治療革命(冬青社)、ガンは切らずに治る(DHC社)、がんになった医者が書いたがんの本当の治し方(幻冬舎)ほか

日本から「癌と難病をなくす為の講演会」
統合医学医師の会8月公開講演会 2011年8月21日(日)開催

◆講演1 『自分で出来る癌早期発見法とは?再発と転移を防ぐには?』
 講師:前田華郎先生(アドバンス・クリニック横浜院長、医学博士)
◆講演2 『抗がん剤で殺される?ハラダヨシオも殺された?薬って毒なの?』
 講師:船瀬俊介氏(医療・環境・消費者問題評論家)
◆講演3 『最先端栄養療法で、日本から、がんは5年で消滅する!?』
 講師:宗像久男先生(統合医学医師の会新会長、ナチュラルクリニック代々木元院長)
◆パネルディスカッション 『がん・難病と、統合医療の現状・未来について』
  パネラー:ご出席の統合医学医師の会会員医師全員の参加

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック